新着情報

2018.4.21「編んだもんだら」に学ぶ女性のヤル気引き出しセミナー

東日本大震災で被災されたお母さんたちが編むエコたわし「編んだもんだら

宮城県在住のまちづくりファシリテーターの足立千佳子さんが、震災後、女性支援の必要性を痛感し、女性たちの人権の尊重、コミュニティの形成、暮らしの再建となるツールとして作り上げられたしくみです。

31779510_1611824575583109_6819084129494106112_n

今回は、その発想のユニークさや、足立さん自身のパワーや楽しさを学ぶ機会として、市の人権・男女参画課と協働で、セミナーを企画しました。

IMG_2393はじめに、東日本大震災の後、足立さんが取り組まれてきた活動の紹介があり「編んだもんだら」が生まれた背景について話していただきました。

「とぼけた姿ではあるけど、そこにはたくさんのリアルがつまっている」

言葉にできないほどの辛く悲しい状況の中から、それでも女性の強さと笑顔で前向きに対話や試行を重ね、日々の生きがいとして、ビジネスとして東北の海の恵みを編み上げていったおばちゃんたち。

足立さんは「さざほざ」という方言で表現をされましたが、「和気あいあいと」「身の丈にあった」活動に共感する部分がたくさんありました。

セミナーの後半は、参加者によるワークショップ。地域の課題や魅力を整理し、自分たちがもっている資源に気づき、それをどう活かすかについて対話する時間でした。

IMG_2317IMG_2348

初対面の人もいる中で、女性らしく”和気あいあい”と対話はすすみ、「諫早は落ち着いていて、暮らしやすい」「食べ物がおいしい」「子育てしやすい」「人と人のつながりがあたたかい」といった強みや「情報がまとまってない」「車がないと買い物が不便」「学びの場が少ない」などの弱みについて意見交換をしました。

セミナー終了後は、もりあげガールズメンバーと足立さんとで懇親の場を設けましたが、足立さんの飾らない人柄と明るさに、すっかりエンパワーされ、”私たちもがんばろう!”と気持ちを新たにすることができました。

なお、今回は、翌日開催された「諫早グルメフェスティバル」のために、特別に「うないさんもんだら」を編んでいただきました。さすがの人気で即完売!となりましたので、現在、追加発注をしています。入荷後は、観光物産コンベンション協会などで販売される予定ですので、お楽しみに♪

IMG_6952

IMG_2182

文/村川美詠 写真/川原孝子(フォトグラファーMILK)

焼き菓子とアイシングクッキーのお店 Story Bake

平成30年1月、高来町にオープンした「Story Bake」

スコーン

先週購入したスコーンが美味しくて今週もまた伺ったら、「もりあげガールズさんですよね!げなパネ見ました」と声をかけてくださったので、図々しく取材させていただきました(笑)
店主
オーナーの松永さんは高来町の出身で、おばあちゃんが50年間営んでおられた化粧品店をリノベーションして「30歳までにお店を持ちたい」という夢を叶えられたのだそうです。
「昔は賑わっていた商店街だったのですが、今は寂しくなってしまったので、この場所で開業して、まちに活気を取り戻したいと思ったんです。」なんと素敵な!

松永さんは、小さい頃からお母さんと一緒にお菓子を作るのが好きで、保育園の頃から「将来クッキー屋さんになる」と言っておられたのだとか。

「お菓子づくりは独学なんですよ~」と仰っていましたが、マーガリンは使用せず国産バターのみで作る、できるだけ地元のフルーツを使うなどこだわりを持って作っておられるようです。

陳列棚

お店の内装やインテリア、チラシなどはお友達に相談しながら、全部自分で考えられたそうですが、とても可愛くおしゃれに出来上がっています。

店内

カフェコーナーもとってもいい感じです。

カフェコーナー

今日はホワイトディの準備のために男性のお客様がおみえでした♪いいですね~(#^.^#)

男子

特にアイシングクッキーはプレゼントに大人気で、今月は送別会などのお礼品として注文が多いそうです。一つから予約できるそうなので、気軽に問い合わせてみてください。

アイシングクッキー

「土日だけですけど、これをきっかけてに高来に遊びにきてくれる人が増えると嬉しいです。」キラキラとした目でそう語る松永さん!こんな若い人が地元盛り上げようと頑張っておられるのは、本当に嬉しい!(^^)!
ダイエットは気になるところですが、応援したいと思います(笑)

外観
焼き菓子とアイシングクッキーのお店 Story Bake
〒859-0124 諫早市高来町里264-10
電話 0957-27-7686
営業時間 土曜・日曜 11:00~18:00

文、写真/村川美詠

里山のパン屋さん TOMIGAWA CAFE & BAKERY

昨年、古民家をリノベーションしてオープンした里山のパン屋さん「トミガワカフェ&ベーカリー」

IMG_0816

パンが美味しくて何度も通っているのですが

IMG_8582

一度、オーナーさんのお話をうかがってみたいなぁ~と思ってお話を聴かせていただきました(#^.^#)

IMG_0801

オーナーでパン職人の橋本さんと、お店を手伝っておられるお母さん♪

橋本さんは、諫早で生まれ育った方ですが、沖縄で大学生だった頃に東日本大震災があり、「人は何で生きるんだろう」と思ったことがきっかけで、また、いろんな不思議なご縁に導かれて、沖縄のあるパン職人さんのもとで修業をすることになったそうです。

そこで2年間、パンを発酵させる種「酵母菌」を育てることをはじめ、素材選びやものづくりへのこだわりなどを学び、お母さんのすすめもあって「大好きな故郷でパン屋さんをやりたい」と諫早に戻ってこられました。

お店の場所については、子どもの頃から大好きだった本明川沿いに構えたいと思っておられ、特に富川地域には心惹かれるものがあり、売りに出されていた古民家を見た時は「これだ!」と思ったのだそう。

IMG_0802IMG_0796

改装にはかなり手間がかかったそうですが、お店の前に流れる川や周りの田園風景と調和する居心地のよい素敵な空間ができあがりました。

IMG_8589

「ここの土地が持っている菌やパワーがあり、ここでしかできないパンがある。材料や土地と会話しながら、それらを活かす感覚が楽しい。」

「生きるって何かは人それぞれ。自分にとってそれは作ること。菌もそれぞれ役割があり、それでいいと思う。」

なるほどね~!
ここのパンは、そんな彼女が心をこめて作っているから美味しいんだと納得♪

IMG_0818

それにしても、こんな若い人が、ふるさと諫早を思い、
ここで一歩踏み出してくれたことが素直に嬉しい!
お話させてもらって、本当に良かったと思いました!(^^)!

【トミガワカフェ&ベーカリー】
諫早市富川町97-1 電話0957-25-9259
営業時間 10:30~17:00
定休日 木曜日~土曜日
駐車場あり
行き方は、ふくちゃんのブログを参考にしてください♪

文、写真/村川美詠