新着情報

女性消防団員募集中!~地域防災に女性のチカラを~

女性消防団ってご存知ですか?
昨年、諫早市の女性消防団は全国大会で大活躍でした。
(平成29年に秋田で開催された「全国女性消防操法大会」で、優秀賞(7位)を獲得)

私は、今年、防災士資格取得のため、救命救急講習を受講したのですが、その際、女性消防団の方にお世話になりました。
直接お話をさせていただくと、皆さん、明るくて、楽しくて、素敵な方々。
「なかなか入団してくれる女性がいなくて困っているんですよ~」と伺い、「だったらPR活動に協力させてください!」ということで取材をさせていただきました。

月に1回、消防署で開催されている定例会議に伺うとこんな雰囲気(#^^#)なにやらとっても楽しそうです。
IMG_1134

皆さんに「入団したきっかけは何ですか?」とインタビューすると
「近所の団長さんに言い含められた(笑)」とか
「じーちゃんを通してお願いされた」「夫が消防団員だったから」などなど。
自分から応募される方が少ないのは、あまり存在を知られていないからかもしれませんね~。

ということで、女性消防団の活動についてご紹介します。
消防団というと消防士と同じ役割を担うものだというイメージがあり、ハードな訓練や体力が必要という誤解があるかもしれません。

もちろん、消火活動や後方支援などの活動もありますが、女性消防団員は、一人暮らしの高齢者宅の防火訪問、地域の防災教育や応急手当の普及指導で特に活躍されています。

全国では約25,000人の女性消防団員が活躍中ですが、諫早市は現在、10人の方が活動しておられます。
年齢は20代から50代まで、職業も、会社員から看護師、主婦など様々です。
とっても素敵な方々ですよ!

IMG_1147

IMG_1176

IMG_1108IMG_1037IMG_1065IMG_1118IMG_1085IMG_1077

いつもはこんな格好ではありませんが、この会議の日は、1月10日に開催される消防出初式の行進の練習があって、この制服を着ておられました。
それがなんともカッコいい!全国でも赤の制服は珍しいそうです。

「活動で楽しいことは何ですか?」と聞くと
「こうやって、皆でワイワイと話をすることです。」
「辛いことは?」には「辛いこととかないですね~」
だそうです。

IMG_1144IMG_1164

お話を伺いながら、私たち諫早もりあげガールズとの共通点を見つけました。それは、そもそも友達ではなかったけど、メンバーとして一緒に活動していく中で、仲良くなって、協力して、まちのために自分にできることをやろうとしていること。だから共感できたのかもしれません。

活動は、基本自由参加で、できる範囲で無理なく続けられます。市外の仲間や地域の方々との交流もあり、楽しい活動だそうです。

「活動のメリットは?」」と聞くと「本物の消火器を使えること」や「防災に関する知識が降れること」「自分自身も成長できること」と答えてくださいました。

消防活動は、いざというときのために備えることができ、地域のつながりを育む大きなやりがいがある活動だと思います。
基本的にはボランティア活動ですが、一部、活動手当等も支給されます。
あなたのチカラを地域のために活かしてみませんか?

毎年1月10日には、消防出初式が開催され、彼女たちも出場されます。
商店街でのパレード(11:20~)や、本明川での一斉放水(12:10~)もかっこいいですよ~。
興味のある方は見学されてみてはいかがでしょうか?

放水本明川
(一斉放水の写真は、諫早市公式FB「諫早日和」より)

※ 女性消防団に入団希望の方は、諫早市役所の消防防災担当にご連絡ください。
電話0957-22-1500(総務課 消防防災担当)

文/村川美詠 
写真/川原孝子(フォトグラファーMILK)