ガールズ活動報告

IMG_9629

諫早の冬の味覚『小長井牡蠣』が旬ですよ~

長崎新聞首都圏版「大江戸←→長崎 瓦版」ってご存知ですか?

IMG_9627首都圏で長崎県の魅力を発信している長崎新聞のフリーペーパーで、毎月1回発行されています。

東京都内の長崎県内自治体の東京事務所やアンテナショップ日本橋長崎館、ながさき移住サポートセンターの東京窓口等で無料配布されているそうです。

このブログをご覧の首都圏周辺の皆さん!

ぜひ、手に取ってご覧くださいね~

 

いつも諫早の魅力を発信している諫早もりあげガールズが

なんと!

この、長崎県の魅力を発信している「瓦版」の取材協力依頼を受けました!!

2月号に旬の小長井牡蠣を掲載したいとのこと

タイトルはズバリ!『カキ小屋の楽しみ方』

これぞ、私たちもりあげガールズの得意分野♪

「ぜひ、お手伝いさせてください!!」ということで取材スタート

 

1月某日、お天気は晴れ

空は青空、フルーツバス停は輝き、

有明海の向こうには雲仙岳がすっきり見通せるサイコーのカキ焼き日和。IMG_9591①テーマに沿って、まずはお買い物IMG_9580

②漁協の方の説明を受けて、カキ焼きスタートIMG_9603③網の上に食材をたくさん並べて、焼けるのを待ちますIMG_9602④タイトルが『カキ小屋の楽しみ方』ですので、

もちろん、ビールやお酒も一緒に楽しみましたよIMG_9619小長井牡蠣の特徴は、加熱しても縮まない。

手のひらサイズの大粒で、ぷりぷりっとして、クリーミー。

期待を裏切りません!

そんなサイコーな取材を依頼してくださった

長崎新聞の担当の方は、20代のフレッシュガール^^IMG_9620いいかんじにまとめてくださいました。
IMG_9629そして、牡蠣シーズン最盛期の2月10日(日)9:45~15:00

2019いさはや三海海鮮まつりinこながい」が

小長井長里グラウンド(諫早市小長井町大峰980-77)で開催されます。

『三海』とは、諫早湾、橘湾、大村湾。

諫早市は3つの海に囲まれ、海の幸の宝庫。

年に1度、3つの海の幸が勢ぞろいします。

広いグラウンドにカキ焼き台がずらっと並び、

海の幸と楽しいステージイベントが盛りだくさん!!

週末は小長井へ来てくださいね~!

写真/川原孝子(フォトグラファーMILK)

文/坪内理子

可愛い!フルーツバス停クッキー♬

高来町にある「お菓子のいえ こころ」さん(*^^)v
干拓道路入口のところにあるお店です。

unnamed (5)

昨年実施された「フルーツバス停スィーツコンテスト」でプロ部門「優秀賞」受賞

unnamed (1)

今回、その作品を商品化されました!(^^)!

unnamed (2)

も~!可愛すぎる!!!( *´艸`)

unnamed

作っているのは、代表の岡村さんです♬

unnamed (4)

私が、毎週のように買いに行くためか(#^.^#)
「もりあげガールズさんですよね?」と声をかけてくださいました(笑)
せっかくなのでインタビュー!
バス停の模様はすべて手描きなので、すご~く時間がかかるそうです。
大量に注文される場合は事前に連絡してくださいね♪

unnamed (14)

5個セットは500円

unnamed (13)

2個入りは230円です♪

unnamed (3)

プリンやクレームブリュレも超おススメです(*^^*)

「お菓子のいえ CoCoLoこころ」

〒859-0144 諫早市高来町溝口84-1 電話0957-32-6161

 

文、写真/村川美詠

『日本橋長崎館』~いさはやWEEK開催中!~

チラシ表チラシ裏

5/22(日)まで、長崎県のアンテナショップ『日本橋長崎館』にて
諫早市の観光物産をPRする「いさはやWEEK」開催中です!
諫早楽焼うなぎや小長井牡蠣、すっぽんゼリー、伊木力みかんをはじめ
諫早自慢の特産品がいっぱい!

②

期間中は、楽焼うなぎ、おこし、諫美豚のハム、干拓野菜などの試食
いりこのつかみ取り、のんのこ皿踊りなど楽しいイベントも実施しています。

 

④

 

あの「うないさん」も諫早からかけつけてくれました。

③

 

 

 

 

もりあげガールズの数原さんも野菜ソムリエとしてイベントをもりあげています!

①

 

 

 

 

 

東京近郊にお住まいの方、ぜひお立ち寄りください!(^^)!

⑤

 

 

 

 

 

日本橋長崎館
東京都中央区日本橋2-1-3 アーバンネット日本橋二丁目ビル1階

文・写真:坪内理子