ガールズブログ

諫早の野菜でチョコベジ教室♪

こんにちは。

数原有希子です。

今年も余すところ、あと10日となりました。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

このほど、

2017年の最後のイベントとして、

年末年始のパーティーにも使える

体験教室を開催させていただきました。

 

その名も「諫早の野菜でチョコベジ教室」

完成

チョコはチョコレート。

ベジはベジタブル。

野菜とチョコレートを一緒に食べる

野菜の新しい食べ方です。

 

パンフとチョコチョコベジは、

野菜の専門家である「日本野菜ソムリエ協会」と

チョコレートの専門家の「明治」のコラボによって

開発されたもので、

全国各地でワークショップが開催されています。

 

野菜にチョコという意外な組み合わせに、

「えっ???」と思う人もいるかもしれませんが、

試食をした多くの人が「おいしい~!」と驚き、

子どもさんの野菜嫌い克服にも役立つことから

日本野菜ソムリエ協会が推奨しているメニューです。

 

そんな「チョコベジ」を諫早の人々にも知ってもらいたい。

アッと驚く新鮮な味を楽しんでもらいたい。

との思いから、

12月16日(土)高城会館での開催となりました。

 

始めに、

なぜ、野菜が体によいのか、

どのくらい食べたらよいのか、などのお話から。

購入した野菜集合写真

 

 

 

 

 

 

厚生労働省では、成人は1日に

野菜を350g食べましょう。と呼びかけています。

ゆっき~野菜のメリット 指4本たてている

 

 

 

 

 

続いてチョコレートの話しなのですが・・・

体にいい野菜を

あえてチョコレートと一緒に食べるなんて、

「想像がつかない」「どちらも好きだけど別々に食べたい」

と思う方がほとんどだと思います。

実は、私も初めはそうでした(笑)

 

でも、そこに意味があるのです。

 

それを皆さんにシェア。

野菜とチョコレートを一緒に摂ることによる

栄養の話し、健康効果、

さらに、実はあまり知られていない

チョコレートの秘密などをお伝えすると、

参加者真剣な表情で聞いている

 

 

 

 

 

参加者の皆さんは、

「なぜチョコベジなのか、よくわかりました!」

「そんな秘密があったのですね」と

ご納得のご様子でした☆

 

そしていよいよ、調理実習。

今回食べていただく野菜は、すべて諫早産です。

ブロッコリー、ミニトマト、ロマネスコ、

そして、幻の唐比レンコンなど、

市内の直売所で購入してきたものばかり、全12種類です。

諫早は、普通に売られている野菜が本当に美味しいと思います。

ラップに包まれた野菜

 

 

 

 

 

 

食材とチョコ

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、どの野菜を、どこで購入してきたのか、

市内のどこに、どんな直売所があるのかの一覧もお配りしました。

(直売所の情報は、諫早市のHPでも紹介されています)

直売所一覧

気になる野菜、店舗があれば、

是非、足を運んでいただけると幸いです。

生産者の皆様も喜ばれると思います♬

 

 

 

 

ひとつだけ、市外からの食材が。

あんぽ柿

福島県伊達市のあんぽ柿です。

野菜ソムリエ協会を通して、

伊達市様がご協賛くださいました。

伊達市は

あんぽ柿の発祥の地なのだそうです。

 

野菜をつける

チョコレートソースづくり。

チョコ溶かし始め

 

今回は、

3種類のソースを作りました。

 

 

皿に切った野菜盛り付けはじめ

 

野菜は食べやすい大きさに切って

お皿に盛り付けていきます。

 

 

アッという間に、完成しました!

完成

野菜って、色がとてもカラフル!

チョコレートとのコントラストも

ばっちり☆

食卓が一気に華やぎます☆

 

今風に言うと、まさしくインスタ映えするパーティーメニューですね。

それも簡単!

野菜たち(真ん中にチョコ)

 

おしゃれに盛り付けられた

野菜たちが、

チョコレートソースとの

マリアージュを

今か今かと待っているかのようです♡

 

(講座の中では、フォトグラファーMILKさんによる、

写真の撮り方ワンポイントレッスンもあり、

皆さん、出来上がったばかりのチョコベジを

楽しそうにレンズにおさめていらっしゃいました☆)

 

さあ、お待ちかねの、実食タイム!

お味はいかに???

ご姉妹 いただきます

 

 

 

 

 

A班食べているところ皆さん。始めは

「どうかな~?」と

恐る恐るでしたが(笑)

一口食べると・・・・・

 

「あれ~~~!あう!」「美味しい~!」と驚きの表情。

サトイモにミルクプチトマトにホワイトチョコロマネスコにチョコ

子どもチョコ手元のみ

 

 

 

 

 

手が止まらないっ!という感じで、

次々にいろいろな野菜を

食べておられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもさんも参加してくれました。

野菜をパクパク食べてくれて

お母さんも嬉しそう♬

 

当日は、

NHK 長崎放送局と、諫早ケーブルテレビが、取材に来てくださいました。

取材の前は、「想像できません。ありえませんね」

と豪語していた記者さんたちも、

試食されると、この通り(^^♪

木村君 食べているところ

 

ケーブルテレビさん食べているところ

 

 

 

お酒との相性もよいですよ。話すと、

確かに、いいつまみになりそうです。とのこと☆

チョコベジに、はまる人、続出です。

 

最後に、今回は基本バージョンでしたので、

ご自宅でできる、アレンジ方法や

パーティでの演出の仕方をお伝えしたところ、

「今年のクリスマスメニューに取り入れます♡」というお声もいただきました。

ありがとうございます。

 

ご参加いただいた皆様のご感想です。

・チョコレートだけ、野菜だけ、ではなく、一緒に食べるとおいしいだけでなく

お互いの栄養を引き出す事がわかり、すごく良かった。

・チョコと野菜の相性がよくて面白かったです。

・チョコと野菜が合うと知りました!新たな発見!

・いつもの食べ方とは違う魅力を感じました。

・野菜の食べ方の発見にもなり、家でも実践できるので良かったです。

クリスマスメニューに取り入れます。

・野菜とチョコの食べ合わせが体に良いことなどの説明もあったので、

なぜチョコベジなのか理解しやすかった。

チョコと野菜の組み合わせ、意外なようで驚きの美味しさでした。などなど。

 

嬉しいお言葉に感謝、感激です。

ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

MILバージョン盛り付け完了

 

 

 

 

 

チョコベジは、食べてみないとわからない美味しさ(笑)

でも、実際に食べてみると、

野菜本来の味や食感がしっかりと感じられ、

チョコと組み合わせることで、野菜の味が引き立つのも事実です。

食育の可能性も広がる「チョコベジ」の魅力、

そして、諫早産の野菜や果物の魅力を

これからも、ひとりでも多くの方にお伝えできるよう

活動していきたいと思います。

 

最後に当イベント開催にあたり、多大なるご協力をいただきました

もぎたて市(森山町)の皆様、

生産者の吉村輝幸様ご家族様、

ファーマーズマーケット きん彩(鷲崎町)様

伊達市観光交流物産協会様、

諫早新聞 ナイスいさはや様、 に

この場をお借りして、心から御礼申し上げます。

誠にありがとうございました。

Girls集合写真

 

 

 

 

 

さて、諫早もりあげガールズは、

来年も様々な活動に取り組みたいと考えています。

微力ながら、諫早の魅力を発信し、

それが皆様の笑顔に繋がると幸いです。

今年も一年、本当にありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

長文、失礼致しました。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

文 / 数原有希子(野菜ソムリエPRO)

写真/ 川原孝子(フォトグラファーMILK)、数原有希子

 

諫早でうなぎ博士の出前講座

うなぎの蒲焼「楽焼うなぎ」は諫早の名物料理!!

その諫早で世界のうなぎ博士、塚本勝巳氏の講演会が開催されました。

講演会チラシ

塚本氏は、日本大学の教授、東京大学名誉教授で、世界初のうなぎ産卵地点の特定や海うなぎの発見など、うなぎ研究の第一人者です。

今回は一般市民向け講座に加え、長崎日大高校、湯江小学校、諫早小学校、上山小学校と諫早市内の学校への出前講座も開催されました。

講演会

こちらは諫早小学校(3・4年生)での様子(2017年12月20日)

航海中の写真や深海での迫力あるビデオで、うなぎの最新研究内容を子どもたちにもわかりやすく説明されていました。

質問

うなぎについてのクイズや質問にどんどん手が挙がり、大盛り上がり!!

2質問

質問にも一つ一つわかりやすく説明されていました。

標本

うなぎの赤ちゃん「レプトセファルス」の標本にも興味津々!!(^o^)

 

講演ラスト

うなぎの生態についてはまだまだわかっていないことがあり、大変な思いをして1つ謎を解明しても、すぐに別の謎が出てくる。研究はエンドレス!!と、研究の大変さや楽しさも伝えていただきました。

 

さてさて、この度、諫早のうなぎの歴史やうなぎの生態についてかかれたパンフレットを諫早観光物産コンベンション協会が作成!!

今後、諫早市内の小学3~6年生に配布予定だそうです。

うなぎパンフレット

お友達のパンフレットを集めると、80㎝のうなぎができるそうですよ!!

うなぎパンフつなぎ

今回、世界のうなぎ博士の出前講座を受けた諫早の子どもたちが、科学や研究に興味関心を持ってくれることを願うとともに、諫早の名物料理「楽焼うなぎ」にも更に興味を持ってくれたらいいなぁと感じました。(^o^)

原田 千桂子

諫早のよかとこで「ウェルネス」綺麗を目指す運動教室

9月、ある方から「もりあげガールズさんに会ってもらいたい人がいる。」
とご連絡があり、ご紹介いただいたのは
東京都で介護事業所を経営されている小宮山寿美子さんという方でした。

諫早出身で、30年近く東京で看護師として働く中で、
「予防」の重要性を強く感じるようになり、
(株)サルークの代表として「TRY倶楽部」という
介護予防重視のディサービス事業を展開されておられる方です。

ちなみに”サルーク”とは長崎弁の”さるく”からつけた名前で、
「いつまでも元気でさるいてほしか」という意味がこめられているそうです。

IMG_9169

10月に東京に出張した際、小宮山さんに直接お会いすることができましたが
「東京の高齢者の方を諫早に連れていって、綺麗な景色や美味しい食事を食べてもらいたい。」
「諫早にいるときは気づかなかった諫早のよさをぜひ東京の人にも伝えたい。」
という思いを持ち、諫早で何かできないかと考えていたところ、
たまたま小宮山さんのご主人がネットで私たち「もりあげガールズ」
のことを見つけ「諫早のことをこんなに思っている女性たちがいる」
と嬉しくなって、つてをたよって、ご連絡をくださったんだそうです。幸せなことです♪

そして、小宮山さんのご提案でこんなイベントを開催することとなり、
11月25日(土)にそれが実現しました。

FullSizeRender (16)

東京からは、実際に2名の方がこのツアーに参加され
小宮山さんの同級生やお知り合いも応援にたくさん集まってくだいました。

皆さんを前にちょっぴり恥ずかし気な小宮山さん(笑)

IMG_9160 (1)

今年一番の寒さの中でしたが、
約40名で、楽しい音楽に合わせ、笑顔で1時間半ほど運動をしました。

IMG_9164IMG_9172

「介護予防をおしゃれにしたい」
「高齢者が楽しみに出かけられることが大切、そのお手伝いをしたい。」
「健康をテーマにした旅行、それを自分の故郷でやりたい」

小宮山さんの思いは、地域の方に見守られながら
最後まで自分らしく生きられたお母さんの介護経験から生まれています。

今回は、お試しツアーのようなものでしたが、
今後、たくさんの高齢者の方に喜んでいただけるツアーが
企画されるといいなぁ~と私たちも応援したいと思っています。

IMG_9189

写真、文/村川美詠