ガールズブログ

トイレ検索士「明日は我が身の視点で・・・」

諫早市在住の社会福祉士、豊福和範さん
あるご縁があって、取材させていただきました。
IMG_6633
豊福さんは、自らを「トイレ検索士」と名乗り、障害者や子育て中の方が使いやすいトイレの調査をされています。その数約2,000か所(実数)
10年の月日をかけ、全くのボランティア(自腹)で県内を巡り、調査した結果は、自身のホームページで紹介をされています。

ホームページを見ると、市町村別(地区別)にトイレの住所、外観の写真、便器の様式、手すりの位置、ベビーベット・ベビーチェア・駐車場の有無に至るまで丁寧に表示されています。すごい!

「どうしてそんなことをしようと思ったのですか?」
と尋ねると「それは、やはり”明日は我が身”ということですね。」と答える豊福さん。

そもそもは、介護施設に勤務していた際、利用者の外出行事のために、目的地と道中のトイレ(特に洋式トイレの有無)を事前に調査していたことがきっかけだったそうです。

また、同じ頃に、我が子の育児が始まり、父親でもおむつ交換ができる場所を知りたくて、公衆トイレのベビーベットも調べるようになったとのこと。

さらに、ご本人が脳梗塞を発症し、リハビリを経験する中で「多目的トイレといっても、障害の部位や程度によっては使いづらいトイレがある。」ということに気づき、手すりの位置やオストメイト、大人用シートなどについても詳しい調査をされるようになりました。

「こんな経験をした私だからこそわかる、当事者や介護者にとって利用しやすい設備や公衆トイレの重要性を訴えていきたい。」と豊福さんは言います。

お話を聴いて特に印象的だったのは、「排泄を失敗した場合の視点」ということでした。特に車いす利用者は、運動力が少なく、内臓への刺激も少ないため、自力で排便することが困難で、服薬による排便となるため軟便になりやすく失敗することが多い。だから、失敗した時にどう回復できるか(具体的には、トイレの中で安心して着替えられて、汚れた下着や服を洗うことができる等)という視点が大事なのだそうです。

最後に「何か伝えたいことはありますか?」と尋ねると
「多くの健常者が、明日は我が身という視点をもって、トイレに関心をもってくれると嬉しい。そして、自分のホームページをできるたけ多くの人に知ってもらって、必要な人に活用してもらいたい。」ということでした。

「どこかの誰かのために」そんな思いで真摯に活動されている豊福さんには本当に頭が下がります。ここで紹介させていただくことで、情報が広がっていったらいいなと思います。

写真、文/村川美詠

2018.11.9 うなぎと地酒のコラボ店オープン!

11/9(金)11時~諫早駅前に鰻丼と鰻串を提供する「まんまる」と
杵の川のアンテナショップを兼ねた「きき酒処」がオープンします!
夜
「まんまる」は、諫早もりあげガールズの初代会長 内田輝美さんのお店(*^^)v
11/4(日)のお昼、ガールズメンバーは開店前の試食会にお招きいただき、
一足早く美味しいお料理をいただいてきました!

つきだし

うざく400円、うまき980円、肝煮400円
つきだし2


くし

45335675_287099811907974_4835637965566771200_n

蒲焼串、白焼き串、肝串は400円
どんぶり

丼は吸い物付きで、2切1,080円、3切1,480円とリーズナブル!(^^)!

内田さんに「厳しい意見もお願いね」と言われましたが、
ただただ「美味しい!」の連呼!(笑)
その後、仕事の予定があったので、飲めなかったことだけが残念でした(T_T)

のれん

ウナギとお酒を愛する内田さんの想いがつまった素敵なお店♪
「まんまる」さんの焼き串を肴に「きき酒処」で飲むこともできます( *´艸`)
”0次会”によさそうです(笑)

杵の川

「新しくなった諫早駅
賑わう街の姿に小気味よく
鼻歌交じりに小路に入れば
白い提灯、蒲焼の煙。
たれの香りに誘われて
ますます気分は上気分。
さあ、今日はハレの日鰻の日
まんまる、はじまる」

諫早市永昌東町7番1号(諫早駅東口徒歩2分)
電話0957-46-3071
営業時間11時~14時/17時~21時
※きき酒処は11時~21時
月曜定休

写真/川原孝子(フォトグラファーMILK)
文/村川美詠

長崎の伝統野菜を守り、未来に繋げたい。~諫早農業高校生の取り組み~

皆様、こんにちは。
数原有希子です。
突然ですが、こちらの野菜たち、ご覧になられたことはありますか。
(写真をクリックすると拡大します)

長崎の伝統野菜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです!長崎県の伝統野菜です!
今日は、この長崎の伝統野菜を次世代に繋ごう!と取り組んでいる、
諫早農業高校の生徒たちの取り組みをご紹介致します。

「伝統野菜」。時々耳にする言葉ですが、
諫早での日々の暮らしでは、あまり食卓にのぼるものではありませんよね。
伝統野菜は、地域独特の品種として、古くから自家採種、自家栽培が行われ、
地域の食文化と密接に繋がってきたもので、京野菜や加賀野菜などが有名です。

しかし、農家の減少、生産者の高齢化、栽培条件が厳しくコストもかかるため、
長崎の伝統野菜は生産量が少ないのが現状です。

そのような現状を知り、「長崎の伝統野菜を守り、未来に繋げたい!」
と立ち上がったのが、諫早農業高校 バイオ園芸科 生物工学部の生徒たち。

授業で、伝統野菜について学んだことをきっかけに、
生産量を増やし、多くの人に食べてもらいたい!
長崎らしい野菜に付加価値をつけて、産業にしたい!
でも栽培が難しいんだよね。。。
そうだ!。スプラウトなら栽培できるかも!と思い立ち、
平成27年から、部活動の一環として、
伝統野菜のスプラウトを栽培する研究を始めたそうです

 

こちらが、長崎県立諫早農業高校。(正面玄関)

IMG_8588

 

 

 

 

 

 

 

 

学科別に、それぞれ専門的な知識が身に付くことから、
入学希望者が多く、
専門分野や公務員への就職率が突出している人気の高校です。

こちらがバイオ園芸科の建物。

IMG_8595

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業や実験などはこちらで行われています

部屋の中は本格的な研究室!ラボです!

IMG_8533

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究しているのは、
雲仙こぶ高菜、長崎赤カブ、長崎白菜、長崎高菜、長崎赤カブ
もちとうもろこしの6種類。

IMG_8519

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取材に伺った日は、
前日に種を植えたばかりでしたが、すでに芽が出始めていました。
スプラウトを栽培する研究は着々と進んでいて、
種蒔きから1週間ほどで、商品化できるようになったそうです。

IMG_8202

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、もちとうもろこしの種。
もちとうもろこしは、我らが諫早の伝統野菜です!

IMG_8565

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひと粒ひと粒、丁寧に植えつけています。

これは種が大きいのですが、
ほかのスプラウトの種は、
とても小さくて扱いづらく、地味な作業。
温度や水分管理も難しいそうですが、

皆さん、実験が大・大・大・大好き!!!

成功したら、もっと頑張ろう!と思い、
失敗しても、次はどうしたらうまくいくのかな?と考えるのが
とても楽しいそうです。

IMG_8535

 

 

 

 

 

 

 

 

初々しい笑顔 💛

(この日お休みの生徒も含め、部員は10名ほどで、活動は毎日)

 

ある生徒さんは、「母が花が大好きで、いとこの家が農家なので
農業に興味があって入学しました。実験はとても楽しいです」とのこと。
この一年の記録は、こんな分厚いファイルにまとめられていました。

IMG_8493

 

 

 

 

 

 

 

 

研究は、単年度のものではなく、毎年、先輩から後輩に受け継がれているところも
素晴らしいところです。
その「絆」が形となり、高校生たちが研究の成果を競う大会では
4年連続、九州大会に出場。
食品メーカーとの商品開発も進んでいて、
今後は、生産拡大とともに、栄養価を高める実験にも取り組まれるそうです。

 

IMG_8200

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふわ~っと香り豊かなものから、
わ~!この辛さがたまらない!と虜になるものまで、様々。
彼らが育てたスプラウトを食べてみたい♬、と思われた方は、
11月の農業祭(諫早農業高校)、
12月の諫農マーケット(アエル商店街)などで販売されます。

ここだけの話ですが、
研究費用はすべて部費でまかなっているため、
お財布事情をお察しのうえ(*^^*)
是非、買って食べて、応援してあげてください♬

「長崎の伝統野菜を守り、未来につなげたい!」
と笑顔で語ってくれた皆さんは、諫早の宝!日本の宝!
この取り組みが、地域の農業の活性化に繋がることを
心から願っています。

諫早農業高校 バイオ園芸科 生物工学部の皆さん。
頑張ってください!
応援しています!

文 : 写真 / 数原有希子(野菜ソムリエPRO)