自然

諫早桜紀行 2019年春

春ですね~( *´艸`)
仕事柄、いつもこの時期はバタバタしていて
桜を見る余裕もないことが多いのですが(^^;)
今年は、桜の開花とお天気と休日が絶妙のタイミングでマッチしたので、行ってきました、諫早の桜の名所!

まずは、国道57号から251号へ抜ける市道唐比長走線。地元のボランティアグループがお世話をされている約300本の桜のトンネルです。
森山①
ここをドライブすると、幸せな気持ちになります。
森山④

次は、白木峰高原へ
白木峰①
今年は、菜の花と桜の開花時期が重なって絶景です
白木峰⑤
白木峰②
白木峰④白木峰③

多良見方面まで足を延ばして、古川(ふるこ)の桜へ
ここは、福山雅治さんの歌「昭和やったね」にでてくる風景です。

♪207号線に春が今年もやってきた
桜が綺麗に咲いとるね
菜の花 線路越しに さざ波光る大村湾
子供ん頃から好きたい♪

古川③
桜と菜の花と海!列車が通ればなお良かったのですが…
古川④帰りに寄ったのぞみ公園も桜と海の景色が抜群です!
のぞみ公園桜を見てたら、無性に桜餅が食べたくなり(笑)
多良見支所近くに最近できた「つづみ団子」さんで、
桜餅とおはぎを買いました♪
IMG_2161
IMG_2159
もちもちしていてめっちゃ美味しかったです(#^.^#)

あとは、諫早文化会館の桜も見頃でした。
文化会館
最後は、知る人ぞ知る「倉屋敷橋」の下に咲く桜
倉屋敷橋
桜と川が素敵なスポットです!(^^)!

♪春がまた来るたび ひとつ年を重ね~
満開の桜や 色づく山の紅葉を
この先いったい何度 見ることになるだろう~♪

大好きな竹内まりやさんの「人生の扉」をBGMに
幸せな春ドライブを楽しんだ一日でした(#^.^#)

文、写真/村川 美詠

本明川でボート競技

諫早市の本明川がボート競技の練習場として注目されています。

国土交通省によると、8コース相当の川幅があり、3000mの直線コースが取れるのは全国でも本明川のみ!

既に、関西電力、大分県国体チーム(高校生)も合宿され、世界大会もできるくらいのコンディションだそうです。

ボート練習場

本明川コースの特徴は

・年間を通してコンディションが良い(風や波の影響を受けない)

・伴走路が1800mある(内部堤防)

・障害物が少ない

・自由水域だが、ほぼ独占的に練習可能

・諫早市街から近い(車で5分)

・長崎空港から近い(車で40分)

昨年H28年には長崎県ボート協会が「諫早本明川艇庫」竣工

実際の練習状況は、チョープロ・ローイングクラブが週5日、大村高校漕艇部がほぼ毎日、大村城南高校も今後練習拠点とする予定だそうです。また、チョープロ、大村高校、明誠高校、大村城南高校、佐世保高専の合同強化合宿の実施など活用が進んでいます。

九州内で2000mのコースがあるのは、本明川と竜門ダム(菊池市)のみで、全国大会のほとんどは、埼玉県の戸田漕艇場(2000m)で開催されているそうです。

3000mの直線コースを持つ本明川!!

練習、合宿はもちろん、世界大会など大きな大会の開催に期待が膨らみますね。

原田 千桂子

馬に乗ってみた~干拓の里馬事公園~

干拓の里馬事公園で乗馬体験ができるってご存知ですか?

私は全然知らなくて(^^;)

「へ~!そうなの!」ってことで体験してみました!

IMG_0356

初心者の場合、乗馬体験の料金は、15分で1,500円

1回30分の乗馬教室は、1ケ月5回で10,300円です。

上達したら月間会員10,300円(7回/1ケ月 30分/1回)がお得だそうです。

IMG_0391

初体験の感想としては、馬に乗った時の高さと結構揺れるのにビックリ(^^;)

でも、なんとも楽しくて、15分はあっという間でした♪

こんな景色の中、背筋を伸ばして風を感じるのもいい気持ち!(^^)!

IMG_0367

初心者でも、インストラクターが親切、丁寧に説明してくださるので安心です。

ここには、国体出場経験を持つインストラクターもおられて、

初心者から上級者まで幅広く対応してくださるそうで、

ここで練習を始めて、自分の馬を所有されるまでになった方もおられるんだとか。

一ケ月の預託馬料は51,500円ということなので、かなり贅沢な趣味ですが(^^;)

乗馬はしなくても、馬を見たり触ったり、人参のえさやり体験も楽しそうです。

小さいお子さんなら、ポニー乗馬という手もありますよ(*^^)v

unnamed (4)

 

体験乗馬は、完全予約制なので、事前に連絡が必要です。

休日は予約が多いようですので、お早めに!

干拓の里 電話0957-24-1462 営業時間:午前9時30分~午後5時

休園日:毎週月曜日(ただし祝日の場合は翌平日)

 

文、写真/村川美詠