ガールズブログ

アエル商店街に農園ができた!

2018年9月8日

諫早市の中心部にある商店街で

地元の特産品であるジャガイモを育てる
活気的な取り組みが始まりました。

今日はその模様をレポートします☆

IMG_9222

 

 

 

 

 

農業が盛んな街、諫早。
豊かな土壌と3つの海、温暖な気候に恵まれ、
季節ごとに、美味しい野菜が栽培されています。

とくに、ジャガイモは、
県全体で、北海道に次ぐ全国2位の生産量。
春と秋。一年に2回収穫できることも特徴で、
諫早市内でもジャガイモづくりが盛んです。

IMG_9221

 

 

 

 

 

この、普段は畑で栽培されているジャガイモを、
街の中心にあるアエル商店街で育てよう!という
「アエル農園プロジェクト」が始動しました。

IMG_9216

 

 

 

 

 

 

 

 

街の真ん中に位置する商店街に農園を作り、
子どもたちが一緒に野菜を育てることで、
地元の野菜に興味をもち、
郷土愛を育んでもらい、
農園のある商店街も身近に感じてもらいたい、という、
地元の若手商店主や、
デザイナー、クリエイターたちの呼びかけに、

IMG_9219

IMG_8953

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8957

 

 

 

 

 

 

地元の小学生、諫早農業高校の生徒、
生産者で飯盛在住の馬場千春さん、
県馬鈴薯試験場の職員など、約100人が参加しました。

植えられたのは、
長崎で生まれた新品種のジャガイモ「ながさき黄金」。
鮮やかな黄色と、強い甘み、栗のような食感が特徴です。

植え付けの日。
まずはプランターづくりです。

IMG_9217

 

 

諫早農業高校の生徒たちが
この日のために手作りした
木製のプランター。

 

 

子どもたちが色をつけます。

IMG_8974

ペタペタ。ぺたぺた。楽しそう~!

IMG_8976

IMG_8987

一面、緑色になりました。

IMG_9003

 

 

 

 

 

 

次は、ジャガイモづくり専用の黒い袋(38袋)に
土と肥料と、
種イモを2個ずつ入れていきます。

IMG_9007

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9021

みんな興味しんしん!

IMG_9038

アエル商店街で野菜を育てるなんて、
初めての取り組みではないでしょうか。
ワクワクしますね。

子どもたちは、土をかぶせながら、

「早く大きくなってほしいです」「ポテトサラダにして食べたいです」

などと話してくれました。

 

次は柵づくり。

IMG_9058

 

 

 

 

 

 

 

 

作業はすべて、諫早農業高校の生徒さんたちがお手伝い。

IMG_9064

 

 

 

 

 

 

 

 

植え付け、プランターづくりなど、
授業で得た知識や経験を
地域に還元したいと、参加してくれました。

さて、最後に主催者の皆さんが
と~~~~~~~っても苦労したのが、
こちらの作業。

IMG_9076

あらかじめ貼ってあった

マスキングテープやステッカーをはがして、

ロゴやイラストを浮かび上がらせる仕組みなのですが、

はがす作業が、細かくて、細かくて、細かくて。。。。。

でもそんな想定外の作業さえも

皆さんの表情はやり甲斐に満ち満ちて見えます♬

IMG_9078

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9091

大人も子どもも一生懸命。

みんなで何かを作り上げるってとても素敵なことですね!

IMG_9105

 

 

 

 

 

 

完成しました!

めちゃくちゃ、かっこいい!!!!!

IMG_9120

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このデザインは、

IMG_9114

街の中心部に位置する「アエル商店街」が、

種となり(核となり)、
芽が出て、花が咲き、
人が育ち、人と人との繋がりによって
新たなイノベーションが起こる。
そんな街の活性化を願って作られたそうです。

 

 

 

 

予算はないけど、どうせやるならカッコよさにこだわりたい!

諫早っていいよねって思ってもらいたい!

と話してくれた、メンバーの皆さんの熱い思いが伝わってきます!

 

プランターは、12月まで本町のポケットパークに設置され、

袋に植えたジャガイモは、栄町公民館のベランダで、
子どもたちと一緒に育てていきます。

IMG_9196

IMG_9214

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9212

 

是非、皆さんも、

アエル商店街にお出かけの際は、

成長の様子を楽しまれてくださいね。

 

 

 

 

ジャガイモができるのは12月上旬(20㎏~30㎏)。

収穫の日は、その場で調理する試食会を開催予定だそうです。

アエル農園実行委員長の陣野真理さんは、
「今後は、ジャガイモ以外にも、アエル農園のブランド野菜を作り、販売したり、

商店街のイベントなどでふるまえると嬉しいです」と話しておられました。

IMG_9136

 

 

 

 

 

 

多業種の人々が繋がり、
知識や経験を生かして新たなものを創造し、
大好きな諫早をもっと元気にしていきたい!という、
「💛諫早愛💛」にあふれた新プロジェクト。
今後の展開を楽しみにしています!。

皆さん、頑張ってください!
応援しています!!!

文・写真 / 数原有希子(野菜ソムリエプロ)

(うち、写真2点は実行委員さんからお借りしました)

H30.9.1~9.16 ポスター展~9/1オープニングイベント~

平成30年9月1日(土)午前11時~
新諫早駅の開業と自由通路の開通をお祝いする
諫早もりあげガールズ5周年ポスター展オープニングイベント!
朝から大雨で心配しましたが、たくさんの方々に見守られ無事に終了しました。

40684565_1105952436228560_3679254365132029952_o

おかげさまで、私たち「諫早もりあげガールズ」は結成5周年を迎えました。
展示しているポスターは、この5年間の活動のひとつとして
諫早の名所や季節ごとの風景、おススメのスポットを撮りためたものです。
おなじみの風景もありますが、
へ~!諫早にこんなところがあったの?というところも(#^^#)
私たちメンバーにとっては、みんなで協力して集めてきた思い出の風景です。
40681539_1105952339561903_7058933382683557888_o

諫早をもりあげたい!という思いで続けてきた活動ですが、
こんなかたちで皆様にお伝えできることをとても幸せに思います。
この日配付したリーフレットには、5年間の活動紹介をさせていただきました。
手に取っていただいて、嬉しかった( *´艸`)
IMG_5534

当日配付しきれなかったリーフレットは、ポスターの展示期間中
このように設置していますので、良かったらお持ち帰りください。

40666663_1105952756228528_2944359596493373440_n

また、今回は、ご参加いただいた皆様に展示されているポスターと同じ風景の
ポストカードを限定100名様にプレゼントさせていただきました。
中には、気に入ってくださって、
その日のうちにほかのカードを買いに行かれた方も!(^^)!
それもめちゃめちゃ嬉しかったです(#^^#)

※ ポストカードは諫早観光物産コンベンション協会で販売しています。

さらに、今回は、農協さんとのコラボ企画ということで
今が旬のいさはや梨の試食販売もさせていただきました。
まさに”飛ぶように売れて”即完売となり、
メンバーは買うことができませんでしたが(^^;)

IMG_5631

IMG_5677

そして、何より嬉しかったのは
仕事や家庭の都合でやむを得ず卒業したメンバーが集まってくれたこと(*^^*)
「おめでとう!がんばってるね~」の言葉がとても感慨深く・・・
久しぶりにみんなで記念撮影をしました。
IMG_5667

もりあげガールズは、そもそも友達同士ではなく
「混ぜたら面白いんじゃないか」という異業種の女性を集めたグループです。
なので、最初の頃はお互いの違いに戸惑ったり、ぶつかったりもしました。
けれど、やっているうちにお互いの得意を掛け合わせることが
最大のチカラを発揮することに気づき
「これはよろしくね!」「それは任せて!」と補い合いながら
「どうやったらできるかな?」とともに考え、行動することで
”あるものを活かして ないものをつくりだす”活動を続けてきました(*^^)v

メンバーの思いは、ただ一つ!
諫早の「よかね~」を伝えたい!この一言につきます(#^^#)
「10周年の時は、さすがに”ガールズ”は改名せんばかもね~」
なんて笑い合いながら、
これからも、諫早の美味しい!楽しい!大好きを
発信し続けたいと思っています。
今後とも、諫早もりあげガールズをよろしくお願いします。


40648462_1105952736228530_6934468464555851776_o

写真/川原孝子(フォトグラファーMILK)
文/数原有希子、村川美詠

諫早のブランドフルーツ「いさはや梨」!

 

こんにちは。

数原有希子です。

 

日中は、まだまだ暑い日が続きますが、

朝夕には、少し秋めいた風を感じるようになりましたね。

食卓にも、そろそろ初秋の味覚がのぼりはじめました。

8月頃から店頭に並び始めた「梨」も

この季節ならではの果物ですよね。

 

シャリシャリっとした食感と

甘くてジューシーな味わいが大好き!

という方も多いのではないでしょうか。

 

そんな「梨」の中でも、

飛びきり美味しいブランド梨が

私たちの街、諫早で栽培されていることをご存知でしょうか?

 

諫早市本明町の平松地区では

30年以上前から「平松(ひらまつ)梨」という

瑞々しくて甘みの強い、

美味しい梨が栽培されています。

 

以前から知っているよ、という方もおられると思いますが、

え?諫早で梨?という方も多く、

これまでは、知る人ぞ知る存在だったようです。

 

そんな「平松梨」が、

今年、諫早の新しいブランドIMG_5410フルーツ

「いさはや梨」(いさはや無袋梨)

と名前を改め、

再デビューしました☆

 

 

 

これは、諫早もりあげガールズとしても、

野菜ソムリエPROとしても、興味しんしん!

 

ということで、

「豊水」という種類の初出荷の日に合わせて、

取材に出かけてきました♬

 

8月24日。

平松地区の選果場。

早朝から、梨を選別する作業が行われていました。

収穫した梨

 

 

 

 

前日に収穫したばかりの梨がずらり。

説明

作業をされる方々に、

梨の見分け方や、手順が説明されたあと、

 

 

 

 

 

 

 

梨は、機械で、重さや大きさごとに振り分けられます。

3L

4L

 

 

 

 

 

 

このあと、手作業で、

重さ、形、色のつき具合、傷の有無などにより、階級ごとに選別し、

ひとつひとつ箱に入れていきます。

選別

愛情いっぱいに育てられた梨を傷つけないように、

丁寧に、丁寧に、箱詰めされていました。

 

 

 

 

梱包された梨は、

主に長崎と諫早の市場に出荷されるそうです。

箱詰めされた梨

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この「いさはや梨」。

どんな畑で栽培されているのでしょうか?

 

じゃ~ん!こちらです!見事な梨園です!

 

鈴なり3

梨が鈴なり~!

 

 

 

 

 

 

青空に輝く梨

真っ青な秋の空に、

梨のオレンジがかった肌が

輝いて見えます!

輝く梨2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、いさはや梨の生産者でつくる

「いさはや梨研究会」の会長 川原晋さんの梨園です。

川原さん

作業中川原さん

いさはや梨の一番の特徴は、

袋をかけずに栽培する「無袋栽培」だということ。

 

袋をかけずに太陽の光を存分に浴びることで、

甘みが強くなるそうです。(糖度12度以上)。

袋で保護しないため、傷がつくこともあるそうですが、

味は天下一品!!!

 

手間も時間もかかり、害虫対策など技術的にも難しいそうですが、

味にこだわり、皆さんに美味しい梨を届けるために、袋は使わないそうです。

 

生産者の古賀さんは、

「苦労もありますが、皆さんから美味しいと言っていただけるのが

何よりの励みです」と、日焼けした素敵な笑顔で話してくださいました。

 

とくに今年は、少雨の影響で、

平均糖度が13~14度とのこと。

どれも食べても美味しいそうですよ!

 

それでは、私も「いただきます!」

梨盛り付け

 

 

 

 

 

 

 

 

ぱくっと頬張ると、、、

なに?なに?このジューシー感!

口いっぱいに、果汁が、じゅわわわわ~~~~~~っ!

そして、あっま~~~~~~い!

梨の味を極めた、究極の梨!

しあわせ~~~~~~!

 

ご近所さんにお配りしたり、訪問先への手土産にしたり、

遠方の親戚に送ったりしたところ、

皆さん誰もが「美味しいー!」と喜んでくださいました。

 

わずかな収穫、出荷期間のために

丸々1年かけて、愛情を込めて育ててこられた「いさはや梨」。

IMG_5410

 

 

 

 

 

 

 

 

始めにご紹介した箱詰めの梨は、主に市場に出荷されますが、

市民の皆さんに身近に食べていただきたいと、

JAながさき県央の直売所「きん彩」でも販売されています。

(今年の出荷は9月10日までの予定)

きん彩2きん彩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完熟の状態で出荷されていますので、常に食べ頃です。

お土産やプレゼントにも最適ですね。

 

ただし、お店に並ぶ曜日や時間が限られています。

さらに、お店に並んでも、すぐに売り切れるそうです。

 

「いさはや梨」を、是非食べてみたい!と思われた方は、

お早目のお問合せがおススメです♬

(JAながさき県央「きん彩」0957-24-2199)

 

やみつきになる「いさはや梨」!

誰でもが、うまか~!と唸る「いさはや梨」!

是非、是非、味わってみてください♬

 

おしまいに、

ちょっと調べてみたら、梨の花言葉は「愛情♡」だそうです。

愛情いっぱいに育てられた「いさはや梨」が、

今後ますます諫早のブランドフルーツとして、

広く、多くの皆様に愛され続けることを心から願っています♡

 

今回の取材にあたり、多大なるご協力をいただきました、

いさはや梨研究会の皆様、JAながさき県央の皆様。

出荷作業でお忙しい中にもかかわらず、

笑顔で親切に取材に応じていただき、誠にありがとうございました。

コラボ会場コラボ会場2

尚、去る9月1日に

「いさはや梨研究会」様と

「もりあげガールズ」の

コラボイベントを

開催させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日の模様は、後日、こちらのブログでご紹介させていただく予定です。

お楽しみに♬

 

ここまで、長文をお読みくださり、ありがとうございました。

 

文 / 数原(すはら)有希子

写真/ 数原(すはら)有希子