自然

main_ph02
唐比長走線
桜のトンネル、あじさいロード

国道57号から国道251号へ抜ける市道唐比長走線。
春になると、竹内まりやさんの『人生の扉』という歌を歌いながら(多少、涙ぐみながら)この道を通る。

 ~春がまた来るたび ひとつ年を重ね~
 ~満開の桜や 色づく山の紅葉を 
 この先いったい何度 見ることになるだろう~
 
また春が迎えられたこと、
またここでこの美しい桜を見ることができたこと、
年を重ねるごとに、感謝の気持があふれる。
約300本の桜並木は、地元の壮年グループが植栽されたもので、今も下草の伐採等のお世話をされているらしい。
本当にありがたいことである。

桜の時季が終わると、同じ道に、
次は色とりどり紫陽花が咲き誇る。
雨の日、車の窓越しに見える紫陽花は、
色合いが見事なグラディエーションをかもし出し、
とても癒される。

この道を抜けると、美味しいお蕎麦屋さんもあり
おしゃれなカフェもあり、女子旅にはおススメの“道”である。

2014年1月5日/記:村川美詠
            写真 Photographer MILK 川原孝子

sab02_ph01

sab02_ph05

sab02_ph02

sab02_ph03

sab02_ph06

sab02_ph04

▼ その他のカテゴリーを見る